キャッシング審査についてのサイト

キャッシング審査を最短即日にて融資を受ける為に読むサイトです。

関連記事

キャッシング審査で確認される信用情報とは?

2017/10/03

メモをとる人

キャッシング審査で必ず確認され、そして、審査に大きな影響を与えると言われているのが信用情報です。信用情報とは、その人の様々な情報が管理されているものとなります。

氏名や生年月日、住所、性別などをはじめとした個人情報の他、各種ローンやクレジットカードの契約状況や支払い状況まで明記されています。ローンの中には、携帯電話や奨学金まで入っており、すべて、管理されていると言って過言ではありません。

そして、そんな信用情報を元に行うキャッシング審査。最も信用情報の中で審査に大きな影響を及ぼすものが事故歴と呼ばれるものです。これは、信用情報に傷を付けた場合を指し、返済の延滞や滞納、自己破産などが含まれます。これらの事故情報がある事で、多くの場合キャッシング審査を通過する事は難しいくなります。

ただしこれらの情報が残る期間は決まっている為、いつまでも信用情報に傷が付いたままと言うわけではありません。一定期間経過する事でまた、キャッシングの利用は可能になります。

その他、他社からの借り入れも、この信用情報で確認されます。その為、バレないだろうと他社からの借り入れ件数をごまかす事だけは避けなければいけません。そして、他社からの借り入れ件数が複数に及ぶ場合、新たなキャッシングを利用する事は難しいと言えると思います。

キャッシングを利用する金融機関によって基準は異なるものの、2社以上から借り入れがある場合、審査を通過する事は難しくなります。また、その際、借金総額も重要となりこれら2つを考慮し審査が行われます。

これら以外にも、意外かもしれませんが審査の申し込みをどれだけ行ているかと言う事も確認されています。その中で、最も審査に悪影響を及ぼすと言われているのが、同じ期間に多くのキャッシング審査の申し込みを行っている場合です。

利用者からすれば、審査の申し込みぐらい多く行っても関係ないかと思うかも知れませんが、審査を行う上で、一度に多く審査申し込みを行っていると言う事は、それだけお金に困っていると判断されてしまう可能性があり、結果、審査に悪影響を及ぼす場合が多くなっているのです。その為、必ず審査の申し込みは、1社又は多くても2社に絞って行う事をお勧めします。

以上がキャッシング審査で確認される信用情報の中身となります。その中でも特に重視される事故情報。この事故情報には、特に注意し、絶対に傷付ける事がないよう日々、注意する事が大切になります。

-関連記事