キャッシング審査についてのサイト

キャッシング審査を最短即日にて融資を受ける為に読むサイトです。

関連記事

キャッシング審査に通る人、落ちる人

2017/10/10

バッテンマークをする男性

キャッシング審査の場合、必ず通る人と落ちる人が出てきてしまいます。一見、同じように見える人でも、キャッシング審査に通る場合と落ちる場合があり、何が原因なのかわからないと言った人も少なくありません。

では、実際、審査に通る人と落ちる人には、どのような違いがあるのでしょうか。

まず、必ずチェックされる信用情報。この信用情報に少しでも傷があった場合、審査に落ちる可能性は非常に高くなります。例えば、以前利用していた際、滞納した経験がある人なども信用情報に傷が付いている可能性が高くなります。

次に年収においては、200万円以上あると安心だと言われているキャッシング審査。その際、勤務年数が5年以上だと満点だと言われています。反対に勤続年数が1年にも満たない場合。

また、年収が少ない場合やアルバイトや専業主婦などの場合、審査に落ちる可能性は高くなってしまいます。その為、少しでも審査を有利にする為、勤続年数が1年以上になってから審査の申し込みを行うほか、収入を少しでもアップさせてから審査の申し込みを行う事をお勧めします。そうする事で、年収200万円。勤続年数5年以上でなくとも、審査に通る確率をアップさせる事は可能です。

その他、アルバイトや派遣社員よりも正社員の方が審査に通る確率が高く、その中でも、公務員や大手企業に勤務している場合は、より確率をアップさせる事が可能です。

これら以外にも、住居形態は賃貸よりも持ち家の方がよく、電話も携帯電話よりも固定電話。家族構成も独身よりは既婚者の方が有利だと言われています。これらの場合、今すぐ、努力しても叶える事ができない場合も少なくありません。そんな場合は、電話をできる限り固定電話を明記し、その上で、連絡は携帯電話にもらうように伝えておくと良いかと思います。

また、実家が持ち家の場合、実家の住所を明記するなどで対応が可能です。

これらについて注意したうえで、更に注意しなければいけない事は、一度に多くのキャッシング審査の申し込みを行わないと言う事。また、申し込みを行う際、虚偽の報告を行わず、必ず、正直に明記する事などがあります。虚偽は、必ずバレます。

また、虚偽のつもりはなく、記入間違いでも虚偽とみなされる場合がある為、記入ミスがないかと言う事を確認した上で提出する事が大切です。

以上がキャッシング審査に通る人と落ちる人の違いです。自分がどれに当てはまるか確認する事で、審査に落ちた原因を追究する事ができるかと思います。

-関連記事