キャッシング審査についてのサイト

キャッシング審査を最短即日にて融資を受ける為に読むサイトです。

関連記事

キャッシング審査を様々な角度から比較した場合

2018/03/04

"お金とグラフ</p

キャッシング審査は主にスコアリング方式で行われています。スコアリング方式とは、様々な角度から点数化し、その点数によってキャッシング審査の合否を決める仕組みになっています。では、実際、何が高い点数で何が低い点数となってしまうのでしょうか。

まず、勤務先において比較した場合、大企業・公務員が高い点数を得る事ができる一方、自営・パートの場合、どうしても低い点数になってしまいます。また、勤続年数に応じて点数化される仕組みになっており、勤続年数が1年未満の場合は、低い点数になってしまいます。

次に年収においては、400万円以上あれば、まず、悪い点数が付くと言う事はありません。反対に200万円以下の場合は、低い点数になる事が多く注意が必要です。

そして、これら以外にも点数化されると言われているのが家族関係・住居関係となります。家族なんて、キャッシング審査に関係ないと思われるかも知れませんが、信頼性を比較する上で家族構成は重要な審査基準になっているようです。

家族と同居している人と独身で家族と別居している人とでは、家族と同居している人の方が点数は高く、また、持ち家の方が点数は高くつき、一方、賃貸、特に公営住宅などの場合、点数は低くなってしまうと言われているのです。住居形態を比較されるまではわかりますが、既婚者・未婚者。また、家族と同居か別居かまで審査されると思うと細かな点まで審査されているのだと言う事がわかってくるかと思います。

その他としては、もちろん、借入金額や借入件数は、少ない、または0と言う人の方が点数は高く借入金額や借入件数が多い人は点数が低いだけではなく、金額や件数によっては、それだけでキャッシング審査を通過する事ができない事も考えられます。

また、事故歴アリの場合は、いくら他のスコアリングの点数が高くても、ほとんどの場合、1発アウトと思って良いかと思います。

そして意外かも知れませんが、今まで全くキャッシング審査を受けた事がないと言う人も、点数が低くなる場合があると言われています。特に30歳を過ぎてから初めてキャッシング審査を受ける場合、今まで利用した経緯がないと言うだけで、「スーパーホワイト」と言う扱いになってしまい、結果的にキャッシング審査を通過する事ができない事もあります。

以上がキャッシング審査を様々な角度から比較したものとなります。審査に不安のある人はぜひ、自分がどれに当てはまるか一度確認してみてはいかがでしょうか。

-関連記事