キャッシング審査についてのサイト

キャッシング審査を最短即日にて融資を受ける為に読むサイトです。

関連記事

キャッシング審査で一発アウトになるブラックリストとは?

2018/03/09

女性

キャッシング審査の際、「ブラックリストに載っていたら、絶対に通らない!」と言うことを聞いたことがあると言う人は多いのではないでしょうか。

しかし、実際、そのブラックリストと言うものは、どんなものなのか?また、一度掲載されたら一生続くのか?など意外と知らない事も多いかと思います。今回は、そんなブラックリストについてお話したいと思います。

まず、実際にブラックリストと言うものが存在するのではなく、信用情報に傷がついている状態を指すものとなってます。そんな信用情報とは、ローンやクレジットカードの申込履歴・利用履歴・支払履歴のことで、それらは主に3つの信用機関で管理されています。

そして、これらローンやクレジットカードの申込履歴・利用履歴・支払履歴で何かトラブルを起こした際、この信用情報に記載され、金融事故として明記される仕組みになっています。

では、どのような事をすれば、金融事故になってしまうのでしょうか。

金融事故で代表的なものは、長期延滞、債務整理、代位弁済、強制解約です。まず、長期延滞とは、ローンやクレジットカード等の支払いが2~3ヶ月以上遅れている事を指します。その為、うっかり一度支払いを忘れた程度では、金融事故となる事はありません。あくまでも2か月以上、支払いが滞っている場合を指します。

次に債務整理ですが、この債務整理には自己破産だけではなく、利息や延滞金を減らす交渉を金融業者と行う任意整理。裁判所を利用し金融業者と話し合う特定調停。裁判所に申し立てを行い、借金を大幅に減額したうえで3年間の支払計画を立てる民事再生が含まれます。

この他にも債務者の支払滞納などにより、保証会社などの第三者が代わりに支払いを行った事を示す代位弁済。規約違反などによって、金融業者側から契約を打ち切られた強制解約の4つが金融事故にあたります。では、一度このような金融事故を起こした場合、二度とキャッシング審査を通過する事ができないのかと言うと、そうではありません。

各金融事故に合わせて、ブラックリストに記載される期間が決まっています。

例えば一番短い場合で長期延滞の1年間。反対に最も長いもので自己破産の5年から10年となります。この期間は、各信用情報機関によって異なる為、必ずしもこの期間が過ぎれば大丈夫と言い切る事は出来ません。しかし、どうしてもキャッシング審査を受ける必要がある場合は、これらの期間を目途にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

-関連記事