キャッシング審査についてのサイト

キャッシング審査を最短即日にて融資を受ける為に読むサイトです。

関連記事

キャッシング審査で通るかどうかは複数項目の合計値で決まる

2017/09/28

メモをとる人

キャッシング申し込みをしますと、必ずと言って良いほど審査は行われる事になります。銀行でも賃金業者でも、必ずそれは行われるのです。それで申し込みを行う方々としては、しばしば審査基準を気にしています。基本的に、基準には複数項目があると考えて良いでしょう。その合計値によって、借りられるかどうかが判断される事になります。

例えばほとんどの金融会社の公式サイトには、安定収入などと記載されているのです。わざわざそのように記載されている以上は、もちろん収入の安定性などは審査基準の1つになります。

それだけではありません。公式サイトには、年齢なども書かれているでしょう。65歳以下の方々などと記載されている金融会社もあれば、69歳など色々あるのです。その基準も、各会社によって異なります。

まずこの時点で、キャッシングの審査項目には2種類以上がある事が分かるでしょう。「収入」だけでなく、「年齢」などもある訳です。1つの要素だけで決定されるのではありません。

その他にも、色々な審査項目は存在するのです。お勤め先の状況や、年数などを含めて、それこそ多彩な項目が存在します。まずこの点が、キャッシング審査の特徴の1つです。

それで上記のような複数項目には、それぞれ点数が設定されています。そして審査に通るかどうかに関わる基準点も設定されている訳です。

例えば収入状況は5点で、他社状況が8点で年数が9点といった具合です。それが具体的に何点程度になっているかは、それぞれの会社によって違います。やはり金融会社が違えば、審査項目に関する考え方にも違いがある訳です。

それで例えば、基準点が16と設定されているとします。それである申込者の合計値が13という結果になった時には、キャッシングの審査落ちになる確率は高まるでしょう。あくまでも16以上が基準になるので、13では基準を満たしていません。したがって合計値が10や14などの方々も、やはり審査落ちになる訳です。逆に、もちろんそうでない方々もいます。

例えば合計値が17や19などと、かなり高いスコアを記録している方々もいるのです。そういう状況ならば、もちろんキャッシング審査には通りやすくなるでしょう。

このように審査基準というのは、スコアの合計値が関わっている訳です。なお合計値や各スコアの基準などは、もちろん各会社によって異なります。ですからある会社で審査落ちになったとしても、別の会社では通る事もある訳です。

-関連記事