キャッシング審査についてのサイト

キャッシング審査を最短即日にて融資を受ける為に読むサイトです。

関連記事

キャッシング審査に関する基準と2つの年数

2017/09/28

グーサインをする女性

キャッシングの申し込みを行う方々は、それぞれ状況は異なります。やはり年数に関する状況などは、人それぞれ異なる事だけは間違いありません。

そして、それはキャッシング審査には大きく関わってくるのです。どういう事かというと、キャッシングの申し込み書類には、年数に関わる2つの項目があります。その数字が大きいかどうかが、審査に通るか否かに関わってくる訳です。

基本的には、数字が大きな方々の方が、審査には通りやすくなるでしょう。

例えば、申し込み書には居住年数という項目があります。その表現通り、現在の住宅に居住し続けた年数の事です。当然ですが、その年数は人それぞれ異なります。Aさんという方は引っ越しをしてから半年程度ですが、Bさんは8年といった具合です。そして上記でも触れた通り、その年数が審査項目の1つになる訳です。

一般的にキャッシングの会社としては、年数が長い方々を高く評価する傾向があります。なぜなら金融会社としては、安定性を著しく重視する傾向があるのです。

Aさんのように居住年数が少々短い方々ですと、金融会社は「あまり安定していない」と考える傾向があります。ですから年数が短いと、ちょっと通りづらくなってしまう訳です。逆にBさんのように長ければ、やはり審査には通りやすくなる傾向はあります。

このためキャッシングでは、タイミング等も重要なポイントになるでしょう。計算のようにまだ居住年数が短いなら、もう少し待ってみるのも一法です。ある程度年数が重なれば、通りやすくなる可能性があります。

また年数というのは、何も住宅の居住状況だけではありません。会社に勤めた年数なども、キャッシング審査には関わってくるのです。もちろんその年数も、やはり人によって色々状況は異なります。ちなみに勤続年数なども、やはり長い方が有利になるのです。

それで勤続年数の場合は、たいていの金融会社は1年前後が1つの目安だと設定しているのです。したがって勤めた年数が半年前後ですと、ちょっと審査には通りづらくなるでしょう。

逆に年数が3年など、かなり長い期間に渡っている時には、それなりに審査には通りやすくなる傾向があります。ですから、やはりタイミングがポイントになるでしょう。勤続年数が半年程度ならば、もう半年ほど待ってみる事により、審査に通りやすくなる可能性があります。

このようにキャッシング審査は、「年数」が1つのポイントになる訳です。総じて長い方が有利である事は、ほぼ間違いないでしょう。

-関連記事