キャッシング審査についてのサイト

キャッシング審査を最短即日にて融資を受ける為に読むサイトです。

関連記事

収入の安定性を見られる事になるキャッシング審査

2017/10/02

グラフと虫眼鏡と電卓
キャッシング審査には、実に色々な要素が関わってきます。中でも、収入などはそれなりに大きなポイントになると考えて良いでしょう。

そもそも金融会社から借りたお金は、返済する必要があるので、返済の為にはもちろんお金を確保する必要があります。したがって金融会社としては、どうしても収入の状況を確認したいと考えているのです。特に重要視されるのが、収入に関する安定性です。

そもそも収入を得ているとは言っても、実に様々な状況があるでしょう。それが定期的か不定期という違いは確実にあります。

多くの方々は、1ヶ月に1回くらいの頻度で収入は得ているのです。少なくとも会社員として働いている方々でしたら、大体それ位の頻度になるでしょう。ところが、人によってはもっと不定期なことがあります。安定した職業に就いていない方々などは、1ヶ月に1回などでなく、2ヶ月や3ヶ月に1回という事もあるのです。

それでキャッシング審査の基準の1つは、こういった頻度の安定性です。少なくとも上記の2つの状況を確認してみる限り、2ヶ月に1回というのは、やや不定期な印象があるでしょう。金融会社としては、そういう方々は少々敬遠する傾向があります。

ですから、審査落ちになる確率は若干高まる訳です。逆に収入が安定的なら、特に問題はありません。ですから公務員や正社員の方々などは、キャッシング審査には通りやすいのです。

それと、収入の数字が安定しているか否かです。例えば次のような状況があり得ます。

まずAさんという方は、収入が次のような状況なのです。20万と35万と41万と12万です。1ヶ月に1回くらいの頻度ではありますが、数字に少々バラツキがある状態です。それに対してBさんという方は、ほぼ毎月15万程度の収入を得ている状態だとします。

このAさんとBさんを比べてみると、総じてBさんの方が有利になるのです。Aさんは収入は若干高めとも言えるのですが、ちょっと数字が不安定な事は間違いないでしょう。それに対してBさんの場合は、ほぼ毎月安定的な状況なのです。

金融会社としては、稼いでいる収入の高さというより、むしろ安定性を重視する傾向があります。ですからAさんと比べれば、やはりBさんの方が審査に通る確率も高い訳です。

そして上場企業などで勤めている方々は、収入が安定している事も多いでしょう。ですから、やはり審査には通りやすくなります。このようにキャッシング審査では、かなり「収入の安定度」が重視される訳です。

-関連記事