キャッシング審査についてのサイト

キャッシング審査を最短即日にて融資を受ける為に読むサイトです。

関連記事

キャッシングの審査で行われる在籍確認をうまく乗り切る方法とは?

2017/10/02

考える男性

キャッシングに申込みを行うと、その後に審査を受けることになりますが、その中では在籍確認という作業が行われます。これは、申込みをした人が確かに勤務先に在籍しているのかを確認する作業で、実際にその職場まで電話を掛けて行われます。

このように、キャッシングの利用時にはどうしてもこの在籍確認を受けなくてはいけないことから、職場によってはキャッシングが利用しにくいことがあります。例えば、まず外部から電話が掛かってこない職種の場合や、パートやアルバイトの場合です。

前者は事務職に多い傾向があり、そのような人にキャッシングの在籍確認の電話があると、何かあったのかと思われてしまうかも知れません。この在籍確認は個人名で掛かってくるので、これによってキャッシングを利用することが分かってしまうことはありませんが、これを自分で受けられないと、普段から私用の電話をしていると思われてしまう可能性があります。

そこで、まず在籍確認の電話を掛けてくる日付や時間帯をこちらから指定しましょう。

これはキャッシング会社に申込み時に相談すれば、大抵の場合は聞いてもらえます。その時間に職場に居るようにして、電話を受けた後のうまい言い訳を考えておいてください。

例えば「保険の勧誘の電話だった」「今度車のローンを組むかも知れないのでその確認だった」などという理由だと、勤務時間中に私用の電話を受けたとしても特に問題はないでしょう。保険については誰にでも掛かってくるもので、大きなローンを組む前にはキャッシングと同様に在籍確認が行われるからです。

キャッシングだと言うとイメージが悪いことも多いですが、車のローンや住宅ローンであれば何の問題も無いはずです。そして、パートやアルバイトの場合は元々勤務中に外部から電話があることが珍しいと言えるので、これもうまく誤魔化す必要があります。

そのような電話が掛かってきても特に問題の無い職場であれば構いませんが、そうではない場合は、「今携帯電話が壊れているのでここに掛かってきてしまった」などと、あくまでこの1回だけということを強調した言い訳がいいでしょう。

在籍確認は一度確認がとれれば、その後にまた掛かってくることはありません。パートやアルバイトの人はこのような手で乗り切ってください。

また、キャッシング会社によっては在籍確認を電話ではなく、代わりになる書類の提出で代用できるケースもあります。これができるかどうかはその会社次第なので、在籍確認の電話がキャッシングの利用のネックになってしまう人は、申込みの前にまずそのようなことが可能かどうかを聞いてみてください。これができれば余計な言い訳などを考える必要なく、比較的気軽にキャッシングを利用することができるでしょう。

-関連記事