キャッシング審査についてのサイト

キャッシング審査を最短即日にて融資を受ける為に読むサイトです。

関連記事

キャッシング審査と法的規制について

2017/10/02

グラフを持つ男性

キャッシングを利用したいと考えているときには、必ずキャッシングのサービスを提供する金融機関の審査を受けて、それに通らなくてはなりません。

金融機関の審査に通ることなくキャッシングを利用することはできません。キャッシングの審査では審査を行う金融機関がそれぞれの金融機関で決められた審査基準をもって、融資を実行するか、否かを決めています。

すなはち、あるキャッシング希望者がいるとすれば、ある金融機関ではキャッシングの審査に通って融資が実行されることになりますが、同じ人が同じ条件での融資を希望しても他の金融機関では審査に通らないということはしょっちゅう起こることなのです。

理由はそれぞれの金融機関の審査基準に違いがあるからで、一般的には銀行は審査基準が厳しくなっており、消費者金融などでも中小業者よりも大手の業者のほうが審査基準は厳しくなっていると言われています。金融機関がお金を融資するのは、そのお金を融資することによって規定の金利分をプラスした金額を返済してもらうという目的があります。その金利分の返済が金融機関の利益になるのです。

つまり、金融機関ではキャッシング希望者がお金を貸しても、返済してくれるだろうという判断をするのが審査に通ることであり、キャッシング希望者にお金を貸すとその融資分のお金が返済されない可能性があると判断するのが、審査に通さないということになります。

融資の実行については最終的な判断はすべて金融機関の判断に任されているのです。いわゆる、ブラックリストと呼ばれるような返済されないリスクが多い希望者にも、融資を行う金融機関があるのはこのような理由からです。

しかし、銀行以外の金融機関がキャッシングの審査をする場合には、どのような審査基準を持ってしても絶対の融資ができない規制があります。

それが、2010年の改正貸金業法で完全施行された総量規制という法的な規制なのです。これはキャッシングの限度額を年収の三分の一に制限する量的規制で、一部の例外と除外を除いて、貸金業者が規制金額を超えて融資を行うと法律違反として法的責任を取らなければならない可能性があるのです。

いくら貸金業者が融資をしても大丈夫という審査であっても、総量規制を超えて融資することは絶対にできません。キャッシング希望者も貸金業者からは年収の三分の一を超える融資は受けられません。その意味では審査よりも遥かに厳しいのは総量規制と言っていいのかもしれません。

-関連記事