キャッシング審査についてのサイト

キャッシング審査を最短即日にて融資を受ける為に読むサイトです。

関連記事

キャッシング審査におけるブラックリストとは

2017/10/02

困っている男性

キャッシングの審査においてよく聞かれる言葉に「ブラックリスト」があります。ブラックリストと聞けば、内容についてあまりよく知らない人にとっては、あまり良くないイメージがある言葉というくらいしか思いませんが、実際に金融の世界にはブラックリストという物は存在していません。

キャッシングや金融でブラックリストとはキャッシングの審査に通りにくい状態にある人、金融機関からの融資をしてもらいにくい状態にある人という意味ということができます。

具体的にはブラックリストは日本の銀行や貸金業者のすべてが加盟している3つの信用情報機関の個人信用情報の事故情報や異動情報に金融事故の履歴の記載がある人のことを言います。

金融事故とは3ヶ月以上の返済遅延、自己破産を含む債務整理のことで、これらの金融事故を起こしてしまうと一定期間は個人信用情報の事故情報や異動情報に記載がある事になります。

それぞれの金融事故によって記載されている期間は違いますが、その記載期間を過ぎればその記載は削除されることになります。このように言えば長くなるので、わかりやすく簡潔に表現するためにブラックリストと言っているのです。

ブラックリストになってしまえば、銀行や大手の消費者金融でキャッシングやカードローンの申し込みをしても、まず確実に審査に落とされてしまいます。はっきりと言いますと他の条件がどうであれ、ブラックリストであるだけで問答無用に審査に落ちてしまうのです。

ただし、ブラックリストであるから絶対にキャッシングの審査に通らないというわけではありません。ブラックリストに融資をすることが法律に違反するわけではないからです。それは、貸金業法の総量規制などの法的な規制とは全く違います。

総量規制に違反して融資をすれば、その違反を舌金融機関は摘発される可能性があります。しかし、ブラックリストに融資したからと言って摘発を受けたり、罰則を受けたりすることはありません。ブラックリストの人にも融資してくれる可能性があるのは、街金とも呼ばれる中小の消費者金融が考えられます。

中小の消費者金融では、大手の消費者金融と同じスタンスで営業をしていたのでは競争ではかないませんから、ブラックリストでも融資を実行することがあるのです。

しかし、いくら中小の消費者金融が柔軟性をもってブラックリストに対応してくれるとは言え、中小の消費者金融の審査基準を満たしていることが必要です。中小の消費者金融でもブラックリストが融資を受けるのは簡単ではないのです。

-関連記事