キャッシング審査についてのサイト

キャッシング審査を最短即日にて融資を受ける為に読むサイトです。

関連記事

キャッシングの審査に通らない3つの理由と対策法について

2017/10/02

メモをとる男性

キャッシングを利用するためには、キャッシングサービスを提供する金融機関の審査に通ることが必須条件です。キャッシングの審査に通らない理由はたくさんありますが、その主な3つの理由とその対策法について考えてみましょう。

一つ目は信用情報に問題がある場合です。金融取引のすべての履歴はすべての金融機関が加盟している3つの信用情報機関のどれかには保管されています。

金融機関はそれぞれからキャッシングの申込みを受けて審査を始めますが、キャッシングの審査にもっとも大きな影響を与えるのが、信用情報機関から提供された個人信用情報なのです。

審査に通らないのは個人信用情報の事故情報や移動情報に記載があるからで、この事故情報や移動情報には、返済遅延や債務整理の金融事故の履歴が一定期間は記載されており、ほとんどの金融機関では、事故情報や移動情報に記載があると審査に通さないとことになるのです。

対策としては金融事故を起こさないようにすることか、金融事故の記載がある場合には、この事故情報や移動情報に記載される期間をすぎて、金融事故の情報が削除されるのを待つしかありません。

二つ目は総量規制に引っかかっている場合です。総量規制は年収の三分の一以上の融資を制限する制度で、法的な規制ですから総量規制以上の融資が行われることはありえません。

対策としては総量規制の対象外である銀行からの融資を申し込むか、現状で借りているお金を返済して総量規制に引っかからないようにするかということですが、銀行はもともと審査が厳しいということから考えても、銀行の審査が通るということは考えにくいかもしれません。

最後には他社からの借入件数が多い場合です。金融機関は多重債務者に対しては審査が厳しくなっています。それぞれの金融機関によって何社以上の他社借入件数があれば、審査に通らなくなるのかは変わってきますが、どのような金融機関でも5社以上の借入があれば、ほぼ審査に通ることは不可能と思ったほうがいいでしょう。

金額についてはほとんど考慮されることはなく、単純に借り入れている件数だけが問題視されます。対策としては完済や繰り上げ返済などを活用して一社でも他社借入件数を減らすことが有効です。

他にもキャッシングの審査に通らない理由はありますが、上記の3点がもっともよくある理由です。キャッシングの審査に通るためには通らない理由をなくすることがもっとも有効な方法なのです。

-関連記事