キャッシング審査についてのサイト

キャッシング審査を最短即日にて融資を受ける為に読むサイトです。

関連記事

キャッシング審査って、どんな事を審査されているの?

2017/10/02

ハテナマーク

キャッシングを利用する際に必ず行わなければいけない審査。でも、実際、どんな事を審査されているかご存知でしょうか。審査を行う為に記入している内容を元に行われるキャッシング審査。

まずは、他社からの借り入れ件数や今までの事故情報(事故情報と言っても、交通事故ではなく、延滞や滞納、破産などをした事がないかと言う事)を確認されます。ここで、事故情報にヒットしてしまえば、まず、キャッシング審査を通過する事は難しいかと思います。

また、他社からの借り入れにおいても、件数が多ければ多いほど、審査に悪影響を及ぼす事は避ける事ができません。

次に年収や勤続年数、勤務先も審査の対象になります。年収は、言うまでもなく多ければ多いほどよく、ボーダーは200万円とも言われています。ただし、消費者金融系の場合、総量規制が適応されるため、年収と借り入れ額の比率は、非常に重要になってきます。

勤続年数においては、2年以上だと安心だと言われており、最低でも1年以上の勤務年数が必要になります。勤務先は、公務員や大手企業が有利となりますが、中小企業でも問題はありません。その他、雇用形態においても重要で、正社員が最も有利となっています。

これら以外にも、家族構成や住居形態なども審査の対象になります。家族構成においては、独身よりも既婚者の方が有利だと言われており、住居形態においては賃貸よりも分譲の方が有利だと言われています。また、登録の電話に関しても、携帯電話よりも固定電話の方が良いとも言われており、これらの点に注意し、キャッシング審査の申し込みを行う事をお勧めします。

そして、何よりも大切なのが嘘を付かない!と言う事です。少しでも審査を有利にしたいと言う気持ちから、嘘の記入をしても必ずバレると言って過言ではありません。

また、適当に記入したばかりに記入ミスがあった場合も、嘘の記入があったとみなされ、審査を通過する事ができない事が十分に考えられます。

多くの場合、滞納などの事故情報がなく、また、他社からの借り入れがなければ、キャッシング額を考えることで、審査を通過する事は可能です。その為、過剰に気にするのではなく、まずは、正直にすべてを明記する事が大切です。その上で、出来る範囲で、少しでもポイントを上げる事ができるように固定電話を明記するほか、もう少しで勤続年数が2年に達する場合は、それまで待てるのであれば待つと言った工夫を行うと良いかと思います。

-関連記事