キャッシング審査についてのサイト

キャッシング審査を最短即日にて融資を受ける為に読むサイトです。

関連記事

消費者金融の審査で落ちてしまう理由は?

2017/10/02

バツマークをする女性

消費者金融の審査は、銀行カードローンの審査ほど厳しくないと言われていて可決率も高いです。しかも審査が即日回答されるので即日融資を受ける事が出来ます。金欠の状態になっていて早くお金を借りたい時には銀行カードローンより、消費者金融を利用してキャッシングをする人が多いですが、必ずしも審査が可決されるとは限らないので注意が必要です。

消費者金融の審査も落ちてしまう人がいるので理由をしっかり把握しておく事が大切になってきます。そこで消費者金融の審査はどの様な理由で落ちてしまうのか確認していきましょう。

・収入が安定していない

消費者金融は利用条件に安定した収入がある人という項目があるので、審査も安定した収入がある事が基準になっています。安定した収入とは月に1度以上の収入を得ているという事で、年収が少なくても構いません。しかし、年収が多いけど月に1度以上の収入を得ていないと、収入が安定していないと判断されて審査が落ちてしまいます。審査が可決されるためには、月に1度以上の収入を得ている事が大切になってきます。

・他社からの借入件数や借入総額が多い

消費者金融は総量規制の対象になっているので、年収の3分の1以上の借り入れをする事が出来ません。それで審査では、借入希望額の他に他社からの借入件数や借入総額を確認します。他社からの借入件数が3件以上ある時は、その時点で審査が落ちてしまう可能性が高いです。

また、他社からの借入件数が3件以下でも借入総額が多い時は、総量規制に接触してしまうので審査が落ちてしまう可能性が高いです。審査が可決されるためには、他社からの借入件数や借入総額を出来るだけ少なくしておく事が大切になってきます。

・金融事故を起こした経験がある

消費者金融の審査では申込者の信用性を見るために、信用情報機関にアクセスして信用情報を確認します。信用情報には過去のキャッシングやクレジットカードの利用した履歴が残っていて、正しい方法で利用していれば実績として残っています。実績として残っていれば信用性も高いと判断されて、審査が可決される可能性が高くなります。

しかし延滞や債務整理などを起こした経験がある時も、信用情報に金融事故として履歴が残っています。金融事故として履歴が残っていると、業者側もお金を貸すのに不安があるので審査が落ちてしまいます。金融事故の経験がある人は、信用情報に金融事故の履歴が消えた後に申し込みをしましょう。

消費者金融の審査で落ちてしまう理由は、このようにあるので申し込みをする前にしっかり頭に入れて、審査が可決されるように準備していきましょう。また、借入希望額を申請する時はなるべく少なくするようにしましょう。

-関連記事